女性が求める理想年収は400万円~600万円という平均より少し高めの年収が人気です。

年収ってそこまで大切?

 

家計簿のバナー

結婚する上で年収って正直重要なのか?

 

これは聞くこと自体も難しく、本音を聞くのも難しい質問で、なかなか話題にできない人も多いのではないでしょうか?
結婚する上で年収は重要か重要ではないか?についてはもちろん重要です。

 

年収が高ければ、生活レベルも高くなりますし、子供にもお金をかけれて、趣味や旅行なども気兼ねなく行くことができます。年収は低いよりかは高い方がいいですし、結婚生活を送っていく中で、もっと給料が減ってもいい。と思っている人は滅多にいませんが、今よりも給料が昇給してほしい。ボーナスをたくさんほしい。年収があがってほしいと思っている人は多いのではないでしょうか?
ですが、女性が求める理想についての記事でも書きましたが、年収というのは結婚する上で重要な項目なのは間違いのない事でですが、年収が全てではありませんし、年収の良し悪しより重要な事はたくさんあるのです。

 

女性から見たら、年収が高くても、浮気癖や遊び癖があったり、暴力癖があれば離婚をするかしないかという問題にまで発展してしまいます。

 

男性から見ても、いくら頑張って稼いでも、妻に浪費癖があったり、休みもなく睡眠時間を削ってまで仕事をするのが幸せとは決して言えません。

 

家族のバナー

逆に年収が低いというネガティブポイントがあっても、それを打ち消す事ができるポジティブポイントはたくさんあります。

 

年収が低くても、毎週末家族の楽しい時間を過ごせる。
毎晩笑いが絶えない賑やかな食卓を囲む事ができる。
旦那も嫁も家事や育児に積極的で協力しあえる。

 

など年収が低くても幸せな結婚生活を送る事は充分可能です。
もちろん、理想は年収が高い上で他の要素も理想にあてはまる家庭が一番の理想ですし、年収が低いと、酒やギャンブルに溺れる旦那が多いというのも事実ですので、年収は低いよりかは高い方がよいです。女性の求める理想でも同じ事を紹介しましたが女性が求める理想年収は400~600万円という平均より少し高めという年収が人気です。これは、年収が高すぎるからくるリスクや、年収が低すぎるからくるリスクが少ないのが一番の理想という事の現れです。