世界では夫婦別姓が主流です。日本でもそうなるかも知れません。

夫婦別姓、賛成?反対?

 

日本の結婚式のバナー

日本の民法では、どちらの姓を名乗っても良い、となっていますが、通例として97%のカップルが男性の姓を名乗っています。これはまだまだ家父制度が日本に残っている証拠です。

自立している女性の中では、「事実婚」を選択する女性が増えています。

今回は「夫婦別姓」いわゆる事実婚を選択した場合のメリット、デメリットをご紹介しましょう。

 

 

夫婦別姓のメリット:女性の姓が変わらない

女性が結婚を敬遠する理由の1つとして、「名字を変えるのが嫌」という事があげられています
籍を入れて改姓する場合、戸籍は勿論、銀行、免許証、パスポート、全てに変更手続きが必要です。

 

独身時代が長く、社会的信用と実績を積んだ女性の場合、名字を変える事で支障が出る人も沢山いるでしょう。事実婚の方が楽というのには、女性にメリットが多いという事が言えるでしょう。

 

 

夫婦別姓のデメリット:婚姻の優遇措置がない

事実婚を選んだ場合、日本では婚姻と認められません。
そのため、社会的優遇措置を受けられません
その場合、

 

・税金:配偶者控除なし
・給与:扶養家族手当てなし
・子が非嫡出子になる
・遺産相続が面倒

 

といったデメリットが発生します。
このデメリットはカップルにとってかなり大きな問題です。
老後の年金問題にも関わって来ますから、夫婦の一生の問題と言えるでしょう。
この事で事実婚を選ばない、選べないカップルは日本に大勢いるのです。

 

 

それ以外にも、子供の名字の問題や家族の絆が薄れ、離婚しやすくなるなどが問題点としてあげられています。

 

しかし、夫婦別姓が個人の自由に委ねられているアメリカでは、2組に1組が離婚しています
現在の日本では3組に1組が離婚しているのが現状です。
離婚の理由に夫婦別姓が関係あるかどうかはいちがいには言えないでしょう。

 

結婚生活で大切なのはお互いの信用と愛情です。
姓が同じでも違っても構わないのではないでしょうか。
法律で同姓を義務付ける必要はない、というのがほとんどの先進国の主流です。