同棲はデメリットもありますが、結婚後の生活を予測出来るという点が最大のメリットと言えます。

結婚前の同棲のメリットデメリット

 

同棲を考えるカップル

 

結婚前に同棲するメリットやデメリットについてまとめています。

 

メリット

 

結婚前に同棲するメリットには、離婚の可能性を下げるとか結婚に向けて準備資金や貯金が出来るという点があります。

 

離婚の可能性を下げる理由は、お互いの生活や生活習慣の中での人間性などがわかるため、結婚してからのギャップなどを軽減することが出来ます。

 

寝食を共にして生活していると、相手の良い部分、悪い部分が一層目につくようになります。

 

結婚する前にお互いに相手をより知っておくことで、「こんな筈じゃなかった…。」とか「こんな人だったのか…。」という理由からの離婚の可能性を下げることが出来ます。

 

結婚前の同棲のメリットは、結婚後の生活を予測出来るという点が最大のメリットと言えるかもしれません。

 

また、結婚に向けて準備資金や貯金が出来る理由は、結婚する前はお互いの貯金や生活費、家賃などもそれぞれの資産ですが、結婚してしまえば貯金や生活費も共にするというご家庭が多いと思います。

 

2人の資産を合わせて(力を合わせて)生活していくという面において、一緒に住むことで家賃という無駄な出費がなくなります

 

 

デメリット

 

デメリットには、逆に婚期を逃すとか別れるのが大変という点があります。

 

逆に婚期を逃すとは、ズルズルと同棲生活を続けてしまうことで、逆に結婚のタイミングがわからなくなるという状態になることです。

 

同棲している状態が長くなると、相手が常に側にいる安心感(寂しさなどを感じない状態)から有難さなども感じなくなっているので、結婚に移行するタイミングがわからなくなってしまうことが原因のようです。

 

また、別れる時も大変になります。

 

家賃や家具などの物理的なことだけでなく、生活パターンや相手と過ごした(費やした)時間や感情がなかなか抜けきれないという状態になってしまうこともあります。

 

お互いに依存関係に馴れているので、別れた後の生活に馴れるのにも時間がかかるかもしれません。

 

 

 

このように、結婚前の同棲にもメリットとデメリットがあります。
同棲はいわば、結婚の準備段階の状態と言えるのではないでしょうか。

 

デメリットもありますが、結婚後のギャップを少しでも軽減したい方は、同棲をしておいた方が良いと言えるかもしれません。

 

結婚生活をうまくやっていく方法とは?